目の下のたるみをなくす

目の下のたるみをなくす

ボトックス注射で目の下のたるみをなくす事は出来るが、効果は一時的です。効果が出るのは3か月から半年で、効果がなくなるたびに注射をしないといけないです。プチ整形と同じであるので、費用は保険適用されないです。

 

手術費用はクリニックによって異なるが、20万から40万円もかかり高いです。中には100万円もかかる所もあり、それを何回も行うのはかなりの費用がかかります。またクリニックにより、技術のばらつきがあります。傷跡がの残るリスクも考えないといけないので、あまりお勧めにならないです。

 

美容外科に行かなくて目の下のたるみをなくす方法は、毎日のスキンケアでなくす事が出来ます。目の周りのシワやたるみ等を消すエイジングケアなら、目元専用の美容液やアイクリームがあるので使うと良いです。

 

普段のスキンケアと一緒に行うだけで良いので、手軽に出来ます。目元専用ケアなら目の下のたるみだけではなく、目の周辺に出来るくすみやくまや肌の老化や、目元の乾燥小じわや目尻に出来やすい深いシワや目元の肌荒れ等も解消出来ます。

 

1日1回スキンケアを行い、保湿も同時に行うと更に効果が高まります。ビタミンCが含まれていると、肌に浸透しやすくなります。

 

 

ほうれい線を目立たなくする

頬がたるんでしまう原因は、年齢と一緒に弾力を失った肌のコラーゲンやエラスチンが減少する事で出来ます。肌のハリを保っている成分は年齢を重ねると、新たに生成される量は減っていきます。

 

若い時はハリがあるので、肌もみずみずしいです。年齢を重ねていくと、早い人では30歳を過ぎるとその肌を維持するのが難しくなってきます。肌の奥にあるコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンを増やすと、頬のたるみが解消出来ます。

 

しかし肌に塗ったり食事で摂取するとなると、少量しか肌に必要になる分が行き届かないです。効果的に増やすには、美容外科で注射で肌から直接吸収させる事です。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす細胞である線維芽細胞があり、活性化させると生成が促せます。注射であれば即効性があるが、持続時間が短いので何度も打つ必要があります。活性化させるには、ビタミンCとビタミンAとビタミンB3です。

 

このため、この3つのビタミンが配合されている美容液でスキンケアを行います。美容液だけを使用してほうれい線を目立たなくしていくには、1か月くらい続ける事が必要です。これくらいで効果が現れてきて、ほうれい線が出来てしまっても対処が出来ます。