顔の筋肉をたくさん動かしてしわ、たるみをとる

顔の筋肉をたくさん動かしてしわ、たるみをとる

最初に鏡で自分の顔をよく観察します。以外と左右対称の人は少なく、眉の高さが違ったり、目の大きさが違ったり、口が歪んでたりします。それは生活の習慣からくる場合が多く、姿勢が悪かったりバックなどをどちらで持つかなどその人の癖が大きく左右しています。

 

年齢が進むにつれある時愕然と自分の顔のほうれい線の深さや頬のたるみに気づかされます。写真などはごまかすことができないほどはっきり表れることがあります。少しでも若々しく見せるためには、顔の中心であるほうれい線を薄くして口角を上げることで見た目が随分と明るく生き生きと見せることができます。

 

そのためには、骨盤を立て姿勢をよくして座ります。大きく息を吸って吐きながら顔の中心に目を集めるような気持ちで、口もタコのようにすぼめて、酸っぱいような顔をします。くしゃくしゃな顔から今度は一気に緊張をほぐしリラックスさせます。

 

この緊張と緩める動作を繰り返すことで表情筋がつきます。口角を上げてにっこりと笑顔をつくり舌を突き出して左右にゆっくり上唇をなめるような動作をします。自然と口角が上がり表情がとても明るくなります。実年齢より若くなること間違いなしです。

 

1日に何回でもすればするほど効果が上がりますので、習慣化することで老化を遅らせることが可能です。貴方の若返った変化に誰が一番に気づいてくれるか楽しみですね。

 

 

肌のシワやたるみには保湿が大切!

年齢と共に肌の潤いやハリがなくなり、シワやたるみの原因になります。これらの悩みを改善するには、毎日のスキンケアが大切です。

 

肌のドラブルは、乾燥肌が原因になる事がほとんどの為、肌に潤いを与える事が重要で、年齢肌に対しては、エイジングケアも必要となります。

 

保湿成分には、コラーゲンやセラミド、プロテオグリカンなどを始め複数の成分がありますが、保湿成分を使用しても効果的な働きかけが出来なければ、肌の潤いに繋がりません。

 

例えば、保湿成分コラーゲンを摂取して身体に潤いを与えようとしても、体内に吸収されたコラーゲンはアミノ酸に分解され、合成に必要なアミノ酸が無いとコラーゲンへの再生が上手く機能しない為、幾らコラーゲンだけを摂取しても効果が現れません。
しかし、肌と同じコラーゲンを配合したスキンケアクリームを肌に塗れば、不足したコラーゲンを補えて肌に潤いを与える事に期待ができます。

 

ナノアルファというスキンケアクリームは、生コラーゲンを配合していて、肌のコラーゲンと同じ三重らせん構造になっているので、加熱処理されたコラーゲンに比べ2倍潤いを保つと言われています。

 

肌に潤いを与える事で、肌の環境が整いターンオーバーが正常化され肌にハリが出るので、シワやたるみなどの改善に期待ができます。