気づいたときには顔中に、小じわが沢山できていました。

気づいたときには顔中に、小じわが沢山できていました。

シワができた原因を説明します。

 

 私は45歳になるまで、室内で製紙作業の顧客管理をする作業をしていました。出荷枚数の注文が入るとパソコンを使って入力したりもしていました。営業の人が新しい仕事を見つけてきた時には、必要なデーターを入力します。そして作業員にその日に生産する紙の枚数の調整をしてもらっていました。そんな仕事をしていた時には、シワのことなどは、思いもしませんでした。

 

ある日のこと突然に会社の上司から、屋外作業の在庫確認に変わって欲しいと言われました。屋外作業は日に焼けるから嫌だと思っていました。しかし一年間くらい、嫌々ながら在庫確認をしました。すると顔や手の小じわが、気になりだしました。

 

顔の手入れは行っているはずなのに、どうしたことかと不思議に思っていました。皮フ科の先生に相談してみると、シワの原因について話してくれたのを覚えています。シワと言うのは、紫外線に当たりすぎたときに出来るそうです。それに肌の乾燥も原因だと言っていました。

 

シミができた時の対処法
 シミができたときに、食べ物などで内側から対処するといった方法があります。
シミに良いとされている食べ物はグレープフルーツ・オレンジなどのフルーツと言われています。 ・飲み物では、珈琲と日本茶が良いと言われています。

 

 

季節を通じて小じわやシミ対策を!

夏はもとより春先から小じわには紫外線情が大敵なので、外出の際には気をつけるべきと知っていらっしゃる方も多いと思います。では何故、しわには紫外線が大敵なのでしょうか?

 

そもそも誰のお肌にも、コラーゲンを作ったり分解する機能というのが備わっているのです。このコラーゲンというのはお肌のハリを保つ為にはとても大切な物質なのです。しかし多量の紫外線を浴びた場合には、お肌に炎症が起きてしまい、分解酵素という物質が今度は多く作られてしまうのです。

 

やっかいなことにこの分解酵素には、コラーゲを破壊する力があり、せっかくの大切なコラーゲンを生成する機能が今度は低下していき肌のハリが保てなくなり結果として小じわができやすい環境になってしまうというわけです。

 

ですから、季節に気をつけて、できるだけ紫外線を浴びない事が、まずはご自分の肌がコラーゲンを作る力を減らさない近道でもあるわけです。

 

さらに紫外線にはメラニンを多く作る作用があり、これは別のお肌の大敵であるシミの原因になってしまいます。こちらは、ビタミンCにメラニン生成を抑制する働きやすでにできてしまったシミを薄くしてくれる効果がある事が知られていますので、ビタミンCを積極的に摂取していく事で防げる可能性が高まります。